トップページ

そろばんの材料
樹種名 産地 色調 性質
黒檀 コクタン インドネシア(セレベス島)を中心に東南アジア全域に生育。アフリカの一部にも分布。 辺材は淡い赤色を帯び、心材は黒色と淡赤色の帯びが交互に配列して縞目を有する。真っ黒なものもあり、それを本黒檀又はマグロと称し、縞杢を有したものを縞黒檀(シマコクタン)と言う。 非常に重く硬い材で、加工は困難を極める。割れやすい。耐久性優れる。
カバ 本州中部以北に分布し、多くは北海道に自生する。 辺材は淡い紅白色、心材は淡い紅褐色。赤みの濃い真樺は、少なくなってきている。 硬で均質な材。肌目は緻密で上品な風合がある。加工性は中くらいで、表面の仕上げは良好。接着性は良い。
ツゲ 関東以西の本州〜九州に自生し、伊豆七島や鹿児島が産地として有名。 樹皮は灰白色または淡褐色。辺心材の区別は少なく、黄白色から黄褐色を呈す。 きわめて緻密で重硬。磨くと艶が出る。
紫檀 シタン Dalbeegia属は世界の熱帯から亜熱帯に分布し、ブラジル産のブラジリアンローズウッド 、中米産のココボロ、東南アジア産のイーストインディアンローズウッド、いわゆる典型的な紫檀と、 手違紫檀と呼ばれるチンチャンなどがある。 辺材は白っぽい淡色、心材は赤紫褐色から紫色を帯びた暗褐色を呈し、黒紫色の縞模様をもつ。 木理は交錯し、木質は緻密であるが肌目はやや粗い。磨くと美しい光沢がでる。重硬のため乾燥・加工性に難がある。耐朽性は極めて大きい。
シオジ   本州、四国、九州に自生。近年少なくなっている 辺材は淡い黄白色。心材は褐色。 木目は直通であるが木肌はやや粗い。材はヤチダモに似るが、やや軽軟。
カエデ   北海道、本州、四国、九州に自生。また、南千島、樺太、朝鮮半島、中国大陸にも分布する。 辺心材の差は不明瞭で、色調は全体にやや赤みを帯びた白色から淡紅褐色。 木質はやや重硬で、加工はやや困難である。表面の仕上がりは良好で、材面には絹のような光沢がでる。粘りが強く曲木に適する。
ブナ   北海道南部から本州、四国、九州に産し、山の奥地に多く生育、日本の広葉樹の中で最も蓄積量が多い樹種で、東北が主産地。 本来、心材は無くて全て辺材であるが、一般に心材と思われる個所は偽心材と呼ばれるもので形成する。辺材は淡い黄白色ないし淡紅色で、偽心材は褐色ないし紅褐色である。 重硬で均質であるが、腐朽や狂いは、はなはだしく、乾燥と取扱いが適切なら用材としての価値を発揮する。特に、曲木加工に適する。

ひご−−−国産「真竹」を一ヶ月以上自然乾燥したものを使用