トップページ

そろばんの出来るまで
材料をつくる
軸・枠材・玉は、それぞれ別々の工場で作られる。(分業)
軸作り
材料は真竹(まだけ)で、高級なものには、すす竹を使います。まず竹を寸法切りにし、小さく割って丸いひごに加工、磨いて仕上げます。
枠材作り
主に黒檀(こくたん。ひびが多くて黒い、アフリカ産が多い)などの固い木の原木を大割りにし、細かく切って、各部分に合わせた板に加工します。最近では積層強化材も枠材として使います。
        
玉作り
原木を輪切りにし、丸い形に打ち抜き、さらに削って玉の形を作ります。玉は斧が折れるといわれるほど固いオノオレカンバ(樺(かば))という木を主に使い、高級品には柘や黒檀、紫檀(したん)も使います。最近では細長い丸棒を切って玉に加工する技術も伸びてきています。
組立てから完成まで
枠加工
材料が出来上がったら、いよいよ組み立て作業に入ります。まず、枠の加工です。枠の板に穴をあけ、みぞを作って組み立てができるようにします。
中桟(さん)組み
中桟に軸(ひご)を差し込みます。
玉入れ
つづいて軸に玉をとおします。
(職人の妙技)
玉のたくさん入った箱の中で、軸を差した枠を左右にゆするだけで、見事玉が軸に入る)
磨き
固定がすめば、紙ヤスリやムクの葉で磨き艶だしをすれば完成です。
目竹どめ・裏板どめ
うまく組み合っているかを確認しながら各部分をアルミ線で固定します。
組立て
玉がはいれば、左右枠、裏板、裏棒などを入れて組み立てていきます。


そろばん組立工程


良いそろばんの見分け方
「すわり」
珠の重さは重からず軽からず、
しかも安定感をもって動くこと。
「さえ」
珠を払ったときの、
凛とした音色。
「気品」
全体の調和。


玉材 伝統工芸士
(内藤梅一さん)
伝統工芸士(内藤勲さん)
玉入れの妙技