トップページ

播州そろばんの歴史
そろばんの日本伝来 
  • 日本にそろばんが伝わったのは、中国の宋期以後発達したものが、室町時代文安元年(1444年)頃、中国商人が通商取引の為、我が国に伝えたと言われています。当時、京都で毛利勘兵衛重能が指導して以来普及していったものと伝えられています。
  • 日本での算盤の初見は、戦国時代の狩野吉信が書いた、喜多院『職人・尽絵』に、算盤を手にした両替商の姿が描かれているのが、それであります。また、ほぼ、同時代のものと思われる『色紙形職人尽絵』に、魚屋・両替屋・本屋を兼ねた店の店先に算盤が描かれていてます。
  • 近世中期以降、商業資本主義の台頭、幕府・諸藩の教化政策にしもない寺子屋が開設され、文化・文政期より爆発的に増加しました。その教育内容は、「読み・書き・そろばん」といわれるように、商業の盛んな地域では、そろばんの修得がもてはやされました。
  • 日本に伝来してからは、5玉1つ、1玉5つの「5つ玉そろばん」へ移行していきました。昭和に入って1玉も1つ減り、現在の「4つ玉そろばん」(5玉1つ、1玉4つ)となりました。
そろばんの語源
  • そろばんの語源は、中国語の「スアンパン」から転化したものと考えられています。
そろばんの国内製造
  • 室町時代、中国から伝わったそろばんは、長崎で作られはじめました。
  • 慶長年間(1596年〜1615年)に、長崎から大津に製法が伝わりました。
    当時、大津は交通の要衝で、商業の盛んな大阪と京都に近接していたこともあり、そろばんの製造が発達しました。(大津そろばん)
なぜ、播州地方にそろばんが (史実は不明だそうです)
  • 天正八年(1580年)豊臣秀吉(当時「羽柴秀吉」)が、小野市の隣町三木市の三木城を攻略した際、戦火を逃れた住民の一部が大津方面に避難し、そこでそろばんの製法を習得し、地元に帰郷後製造を始めたのが、播州そろばんの起源だといわれています。三木城が陥落し、江戸時代に明石に城が移され、三木の多くの大工達が仕事を求め、算盤や金物生産に転向していきました。
  • 幕末には8軒の問屋と200軒以上の下請けを使うようになっていった。
  • はじめは、三木市中心に製造されていましたが、周辺地域に伝播するにつれて、小野市に中心が移行していったのです。(小野への製造移行)
  • 以上の説は、あくまで伝承(言い伝え)であって、真実は不明だそうです。他にもいろんな説があり、特に有力な説は、1750年頃摂津堺(現大阪堺)から三木市に、その技術が伝えられたというものです。
  • 小野市は、播州平野の中心に位置し、加古川流域で土地も肥よくで、農業が盛んでした。その農閑期に、そろばんを製造していました。また、気候も木材の乾燥に適していたのです。
小野算盤の独立
  • 日清戦争後、小野で水車動力による「大川式製珠機」が手ろくろに代わり発明され、大量生産が可能になっていったのです。三木の資本から独立し、小野資本による算盤製造株式会社が創立したのです。
播州算盤の隆盛
  • 第2次大戦後、昭和22年の教育基本法・学校教育法の公布施行による6・3・3制の発布でした。
  • その後の日本経済の発展・成長とともに、算盤の需要も伸展し、昭和35年頃の生産量は300万丁に達しました。
  • ところが、昭和40年頃より、電卓の普及により算盤の需要は急激に減少していったのです。

伝統工芸品
伝統工芸品としての播州そろばん
  • 昭和51年(1976年)通産大臣指定の「伝統工芸品」となりました。工芸品としてなかなか認められなかったそろばんを、当時そろばん組合理事長末廣算盤有限会社の2代目社長内藤逸二氏が奔走しました。そして、100近い製造工程や高度の伝統技術が伝統工芸として認められたのです。