トップページ

構 造


                                 ↓定位点(ていいてん)      天(てん)

枠(わく
    →


梁(はり)
    →

軸のことを
桁(けた


珠(たま)

             上(かみ)         地(ち)      (しも)下


そろばんの部分の名称
  各部の名称に建築用語が使用されているのは
、日本でそろばんを作り始めたのが宮大工や指物師の人たちであったからです。

−− 梁から上のこと。
−− 梁から下のこと。
−− そろばんの左の方。
−− そろばんの右の方。
−− そろばんの周りのふちのこと。
−− そろばんの真ん中の白い線の入った桟のこと。
脊(せき)ともいう。
−− 珠を通す竹の軸のこと。
−−
五珠
(ごだま)
梁の上にある珠。天の珠ともいう。
一珠
(いちだま)
梁の下にある珠。地の珠ともいう。
定位点 −− 梁に3桁ごとに打ってある点。
目安(めやす)ともいう。

そろばんの保管上、注意すべき点
    木や竹が材料であることを忘れないでください。水、ほこり、温度、日光に気を使って下さい。

1.構造  2.数のよみかた  3.数のおきはらい  4.たし算とひき算 
5.小数とそろばん  6.かけ算  7.わり算  8.暗算  9.問題集 10.Java問題集