トップページ

脳とそろばん(資料:「生涯健康人であるために」 林壽郎著)
脳の誕生から
誕生
  • 人間の脳は、母親のおなかの中で3ケ月までにつくられ、生まれるまでに脳神経細胞が出来上がります。
  • 内臓を動かすのに必要な脳幹や、欲望(食・性など)の本能や情動(怒り・快感など)を支配している大脳古皮質は、ある程度完成している。
発達
  • 人間を代表とする高等生物は、精神活動を操作する大脳新皮質が、生後性別や環境等によって、人それぞれ異なった発達をしていきます。
大脳新皮質
  • 大脳新皮質は大きく分けると、運動野感覚野連合野に分けられます。
  • 運動野…体を動かす指示を出すところ。
  • 感覚野…肌で感じる感覚の統合と識別。
  • 連合野…知性、記憶、判断、創造などの精神活動に関与。言語機能。人間はこの連合野の      発達が著しい。
  感覚野と運動野の働きは、左右の半球でほぼ均等である。左脳は右半身、右脳は左半身を受
  け持つ。

連合野を使っての左右脳の働きと脳梁
  • 左脳の役目
    • 話すこと
    • ことばの理解
    • 論理や数学的な考え方
    • 分析的な考え方
    • 読み書き
    • 計算する
  • 右脳の役目
    • 顔や物の形の認識
    • 直感的、総合的にものを考える
    • 想像的、創造的な考え
    • 音楽や芸術
    • 情緒的な感情
  • 左右脳は、脳梁という神経繊維によって、連携しあっている。
脳を発達させるには、神経細胞を活性化させることが重要な要素となります。
活性化の引き金は、刺激を与えることです。
指先運動は、とても効果的な刺激となり活性化につながります。

そろばんと脳
左脳を鍛える
  • そろばんの、指先の反復運動はとても効果的な刺激策です。
  • まず、目や耳から情報が与えられる。その情報を正確に指先で動かす。それを繰り返す。
  • 以上の動作は、非常にレベルの高い集中力が必要となり、結果としてそれが養われる、脳の発達に役立つのです。
右脳を鍛える
  • 日本人は、西欧人に比べ右脳の使っていないと言われています。独創的なアイデアや創造的な考えが、劣っているということである。原因は生活習慣や環境にある。
  • そろばん式暗算は、右脳を鍛えます。
  • そろばん式暗算は、そろばん珠を頭のなかに浮かべて、珠を動かします。
  • それには、右脳の働きの協力が必要となります。それは、専門家達の研究によって明らかになっています。
左右脳のバランスのとれた発達が、人間の成長にプラスであることは明らかです。
子供の教育は、まず左右脳のバランスがとれるような教育を行い、その後、知識や経験を踏む、という過程が理想的であると思います。